日本人はちょっと休むのが
下手な人が多いようです。

どうもまだ一般的に

「休むこと=悪い、良くない」

という印象が
あるのではないでしょうか?

特に真面目な頑張り屋さんは

「疲れが取れない…
でも、迷惑かけないように仕事を
しなくちゃ、家事をしなくちゃ」

「ちょっと頭が痛いなぁ。
でもこのくらいで休むわけには…」

なんて無理をしてしまいがちです。

仕事を頑張ることと同じくらい
休むことも大切です。

休むことに罪悪感は
感じる必要はないんです。

ちょっと具合が悪いのを
無理して仕事をして
体調不良が長引くより

しっかり休んで体調を整えてから
仕事をした方のがいい仕事が
できるのではないかと思うんです。

頑張るだけではなく
休むことでもまた
成長につながります。

東洋医学からみると
疲労や無理が重なると
肝の蔵に負担がかかります。

肝に負荷がかかってくると
目の疲れ、首肩の凝り、腰痛、
集中力の低下、イライラ感、
といった不調が現われます。

もし、最近無理をしていたな。

休みたいな。

そんな時は思い切って
休んでみましょう。

きっとまた元気に
「よし、仕事をしよう!」
という気持ちに
なれるかと思います。