よくお酒は「百薬の長」
と言われています。

 

もちろん、「百薬の長」だから
いくらでも飲んでもいい
ということではありません。

 

とはいうものの自分は
お酒が飲めない下戸です。

 

お酒を「百薬の長」にするには
肝臓を疲れさせないよう
適量を飲むことに尽きます。

 

例えば、魚や脂の少ない肉、豆腐など
肝臓によい高タンパクなものと一緒に
少量、嗜む程度に飲むのが良いでしょう。

 

また、酒を少量飲む人は
心筋梗塞や狭心症などの予防に
なるとも言われています。

 

ではその適量、少量飲むとは
どのくらい?となるかと思いますか。

 

これは、おおよその目安ですが
適量は一日に日本酒は1合、
ワインでならグラス2杯、
ビールなら中瓶1本程度です。

 

適量であれば、飲酒は血行を促進し
他の食材の薬効を促進させてくれます。

 

どんなものでも食べ過ぎ、飲み過ぎは
健康を害してしまうことになります。

 

毎日飲む、という人は飲む量の確認と
休肝日をしっかり設けるようにしましょう。

 

そして、「百薬の長」としてのお酒で
楽しい時間をお過ごしください!!

濤鹿堂

ご予約、お問い合わせ

受付時間

  • 9:00 - 19:00(要予約)