実は、暑い日の使い分けには
一応の定義があるそうです。

「夏日」、一日の最高気温が25度以上
「真夏日」、一日の最高気温が30度以上
「猛暑日」、一日の最高気温が35度以上
「熱帯夜」、夜間の最低気温が25度以上

年々、40度を超えるような日も
この頃では、すっかり当たり前に…。

そうなると、今後40度以上は
どんな用語が使われるように
なるのでしょうか??

さて、これだけ暑い日が続くとなると
冷たいものを摂りすぎてしまいます。

身体を温める野菜があるように
今が旬の温める果物もあります。

ズバリ、それは『桃』です!!

桃は身体を冷やさない夏の食材です。

東洋医学でも桃は「温」の食べ物で、
血行を良くし、気力を充実させる食べ物と
言われています。

カリウムが含まれているので利尿作用や
ペクチンによる整腸効果もあります。

夏場は汗とともに
水分やカリウムなどのミネラルも
排出されてしまうので、
積極的に食べたいところです。

主成分が果糖で疲労回復にも
ぴったりなんです。

さて、そんな桃ですが、
皮付きのままで食べるのが
いいそうですよ。

皮と実の間に1番甘さがあるそうなので。
気にならないようでしたら、
水洗いの時に手で軽く擦って
産毛をとって、皮は剥かずに
食べてみましょう。

冷えすぎた内臓を温めるために
食後のデザートにもおススメです。

言い忘れましたが…(笑)
夏バテ予防やメンテナンスには
鍼灸も、もちろんおススメです!!

もし、なんだか食欲がない、
だるいといった症状がありましたら
早めにご来院ください。