今回は夏の暑さの
最中ではありますが
カラダを温めましょう!
という話題です。

まず、理想の体温なのですが
おおよそ「36.5度」くらいが
理想的だとされています。

ですが、なかにはは「35度台」
という低めの方もいらっしゃいます。

そうなると免疫力が低下するので
自律神経がきちんと機能しなくなり
何かしらの不調が生じてきます。

夏はエアコンや冷たい飲み物などで
カラダは冷えやすい環境にあります。

この時期は服装も薄着となるため
肌を出すことも多くなります。

女性の場合は、夏に楽しみたい
サンダルでのファッションも
実は冷えにつながる一因です。

対処法としてできることは
なるべく冷たいものはさけること。

常温の飲み物にするか、
注文する時は「氷なし」に
してもらうようにしましょう。

またエアコンの効いている
部屋に長くいる時は
羽織るものがあるといいですね。

それと夏場でもなるべく靴下を
履くようにするのがおすすめです。

もちろん、サンダルを履いては
いけないというわけではなく
できるだけ靴下を履くように
してみるとよいでしょう。

さて、なぜこんなに
カラダを温めましょう!
と言うのかというと。

先程も少しだけ触れたように
特に女性にとっての冷えは
様々な不調につながります。

東洋医学ではよく
「冷えは万病のもと」
と言われています。

ちなみにですが
「秋ナスは嫁に食わすな」
というのも、ナスは身体を
冷やす性質があることから
由来した言葉でもあります。

特に女性は筋肉量が
少ない傾向にあるので
もともとが冷えやすいので
冷えによる身心の不調を
抱えやすいともいえます。

逆にいうと身体がしっかりと
温まるようにできるならば
不調を改善できることも
多いということでもあるのです。

そしてもうひとつ嬉しいのが、
体温が上がると基礎代謝も
アップするので痩せやすい
体質に変わってもきます。

さらにお灸と鍼が加わると
血行も良くなって
顔色も明るくなり
肌つやもよくなり
いいことが倍増します!!

夏だから大丈夫!
と油断はせずに
カラダを温める生活を
心がけていきましょう。