東洋医学では、不妊症の原因を

「腎虚」

「瘀血」

「肝鬱」

「痰湿」etc…

などに分類して、体質や月経状態などの
改善を目指して治療していきます。

これはこれで非常に重視していますが、
不妊傾向にある方は総じて「腰」の状態が
よくないケースがとても多いようです。

「腰」の状態がよくないとは言われても、
特に腰痛や腰が悪いと
感じたことは感じたことはない
と返されることがあります。

しかし、特に腰に問題がないと感じていても、

「首肩が凝る」、

「寝つきがわるい」、

「疲れが残る」、

「しょっちゅう体がだるい」、

「身体がかたい」

といった訴えがある場合、
これらの背景には
みな「腰」が原因として関与している
と、お伝えすると納得して頂けます。

妊娠中は、長期にわたって、
お腹の中の子供を
「腰」が全面的に
支えることとなります。

さらに、出産時にも「腰」の力は
必要不可欠となってきます。

不妊治療で肝心なのは、
実は妊娠と出産に耐えうる
「腰」の弾力と力にあるのです。

そして、人体はそうした腰の状態を
本能的に察知するために、
逆に妊娠を遠ざけて母体を優先して
護ろうという機能が
水面下で機能してしまうのです。

さらに、妊活に限らず、女性としての魅力が
最もフォーカスされるのも
この「腰」が、カナメであることは
意外に見落とされがちです。

実際に、腰を中心にバランスを
調えられたことにより
婚活や、結婚がきまった、
夫婦関係が良好になったり
などの女性の幸せにも、腰の調整は
成果が出ているのです。

もしかすると、いまあなたが
悩まれていることの根本には
実は、「腰」にあったりすることを
見逃しているのではないでしょうか。

女性として魅力ある、充実した生活を、
もし望まれるならば
一度、「腰」を建て直すことから
始めてみてはいかがでしょうか!!