近年、不妊で悩まれているカップルは、6組に1組と言われています。子供が欲しいけれども、なかなか授からないという切実なお悩みで治療にみえられる方があとを断ちません。
 
妊娠とは命を繋いでいく営みに他ならず、施術に来られる多くのケースで、冷えが不妊の原因となっていることがほとんどです。
 
東洋医学は、女性の身体を調える上で、非常に相性がいいといった特徴があります。
 
人の身体は、大きくは気・血・水の三つの要素によって構成されており、この気・血・水がお腹の中で集まって合わさったものが、胎児だとされています。
 
特に冷えは、気・血・水の働きを阻害してしまう影響が大きいので、不妊の原因となりやすいのです。
 
よく「冷えは万病のもと」という言葉を一度は、耳にしたことがあるかと思いますが、冷えは、ただ単に手や足の先が冷たくなるといったことだけではありません。
 
例えば…
・眠りが浅く熟睡できない
・よく風邪を引きやすくなった
・頭痛や肩や首のコリがある
・夕方になると足がムクむ
・便秘気味でお腹が張る
・生理不順や生理痛、不妊
・気持ちが塞ぎ込んでしまう
・ついイライラとしてしまう
こういったの症状も「冷え」が原因となった症状なのです。
 

また東洋医学では、不妊症の原因を腎虚、瘀血、肝欝、痰湿などといったカテゴリーに分類して、体質や月経状態などの指標として治療をしていきます。

これはこれで非常に重視していますが、不妊傾向にある方は総じて「腰」の状態がよくないケースがとても多いのです。

「腰」の状態がよくないとは言われても、特に腰痛や腰が悪いと感じたことは感じたことはないと返されることがあります。

しかし、特に腰に問題がないと感じていても
・首肩が凝る
・寝つきがわるい
・疲れが残る
・しょっちゅう体がだるい
・身体がかたい
などといった訴えがある場合、これらの背景には、みな「腰」が原因として関与していると、お伝えすると納得して頂けます。

妊娠中は、長期にわたって、お腹の中の子供を「腰」が全面的に支えることとなります。さらに、出産時にも「腰」の力は必要不可欠となってきます。

不妊治療で肝心なのは、実は妊娠と出産に耐えうる「腰」の弾力と力にあるのです。
そして、人体はそうした腰の状態を本能的に察知するために、逆に妊娠を遠ざけて母体を優先して護ろうという機能が水面下で機能してしまうのです。
特に妊活に関しては、冷えとともに、この「腰」が、カナメであることを、見落とされがちです。

実際に、腰を中心にバランスを調えられたことにより、身体と気持ちだけに留まらず、夫婦関係が良好になったり、女性としての幸福度のアップにも成果が現れます。

ここ数年来の実際に妊娠された方々の施術を振り返ってみて、なにが功を奏するに至ったのかに
ついては、とにかくすべての土台はカラダづくりだと言えます。

施術の目安としては、5日から7日に一回のペースで、計6回の施術が1クールとなります。

先ず、カラダ全体の素地が整うまでには、これまでの経験上では最低でも3クール以上は必要になります。

期間にすると3ヶ月から約5ヶ月弱に相当します。
比較的、早い方はこの段階で結果が現れてくる場合もけっこうあります。

ここでの調整が不十分だと、他の主要な部位を仮に治療などしても、すぐに現状に戻ります。

部分的なところに施術を集中しても単にそこの部位に負担や負荷をかけることにしかならないことが多いのがその理由です。

鍼灸施術や手技療法などは、基本的にはカラダの外部からの刺激によるものです。
カラダの様子や早くによい状態をご希望されるような場合は、カラダの内部から整えるという
意味で信頼できる漢方の先生をご紹介もさせて頂いております。

さらには、お客さんご自身が積極的にカラダのよりよい状態づくりのために必須となる理にかなった日常の動作や姿勢などを指導されているトレーナーもご案内させていただくこともあります。

この他にも、生年月日などに基づいた「四柱推命」や「風水気学」などの東洋医学のベースや原理となっている易学の観点で時期やタイミング、運気を見定め方位方角、家相、風水などの判断も現実面に即したかたちで積極的に活用します。

現代医学での治療だけでは、なかなか結果が出なかった方、一度あらためて体質改善からじっくりと向き合っていこうと思われている方は、不妊症・不育症を改善するために重要な姿勢や冷え体質、身体全体のバランスを調えるための治療を取り組まれてみてはいかがでしょうか。