鍼灸治療と漢方薬は外側からと
内側からのアプローチの違いは
ありますが、同じ東洋医学です。

つまり、兄弟のような関係に
あるのだと、ご理解ください。

ですが、漢方薬と聞くと
なんとなく良さそうだけど
よく分からないもの…。

そんな風に思っている方も
おられるのではないでしょうか。

今回は少し漢方薬のことを
お話ししたいと思います。

そもそも
漢方薬ってどういうもの!?

一言でいうと生薬の組み合わせで
構成されているものなのです。

生薬とは天然の植物
花や根、実、樹皮、果皮
他にも動物や鉱物などで
漢方薬は作られています。

生薬をそのまま組み合わせた
煎じ薬、潰して粉にした散剤、
丸めたものが丸剤、煎じ液を
加工して顆粒状にしたエキス剤
などといった種類があります。

また、西洋薬との違いですが
西洋薬は特定の症状を改善したり、
病気を治療するためのものです。

これに対して漢方薬は
身体が本来持っている
自然治癒力を高めることを
目的に作られています。

ですので、場合によっては、
同じ症状でもその人の体質に
合わせて違う漢方薬が
処方されることもあります。

ドラッグストアには
漢方薬のコーナーがあるのは
なんとなく見たことがあるのでは
ないでしょうか。

漢方薬の箱には分かりやすく
こんな症状の人へと書いてあるので
まずはそれを参考に
選ぶのもいいかと思います。

もし、専門家がいるのなら
相談してみるとよいでしょう。

漢方は意外と身近にあって、
例えば「命の母」や「養命酒」
なども漢方薬です。

少し漢方へのハードルが
下がったでしょうか?(笑)

トウカ堂では信頼できる
漢方の専門家のご紹介も
できますので、気になることが
ある方はぜひご相談ください。