冬は乾燥の季節でもあるのですが
その乾燥のせいでお肌の調子が
いまひとつという方も多いはずです。

 

やはり冬はお肌も乾燥しがちです。

 

肌が乾燥している、ということは
必要な水分が足りていないということです。

 

また、水分があっても身体全体に
めぐらなくては不十分です。

 

その水分を身体全体に隈なく
巡らせてくれるのが「気」です。

 

ですので、お肌の乾燥には
水分だけではなく、「気」も
足りていないといけないのです。

 

また、「血」が不足すると栄養が
肌に行きわたらないがために
乾燥肌の原因になってしまいます。

 

このことから、乾燥知らずの
美肌に必要なものは
「水分」「気」「血」だと言えます。

 

おススメの食材は
にんじん、れんこん、豚肉、
そしてハチミツがあります。

 

そして、これを見逃してもらっては
困るというのが東洋医学です。

 

なんと言っても「気」「血」と言えば
東洋医学の得意分野でもあります。

 

お客さんの中には鍼灸を受けるように
なってから肌の調子が良くなった
という方も沢山いらっしゃいます。

 

腰が痛い、肩が張る、頭痛がある、
そんな症状はもちろんなのですが
お肌の調子がよくないな、という方にも
鍼灸はとてもおススメができます!!

 

お肌の張りと艶がこれまでとは
まったく違ってくるはずです。

濤鹿堂

ご予約、お問い合わせ

受付時間

  • 9:00 - 19:00(要予約)