ここに治療にいらっしゃる方は
様々な症状を抱えて来られます。

やはり「腰痛」「肩こり」などの
慢性の痛みを伴う症状が多いです。

そして、特に気になるのが
痛みや不調に慣れてしまい
あってあたりまえ、と思い込んでしまって
いることが意外と多いということです。

ある女性のお客さんは

「今までは腰が痛いのがあたりまえ
だったのですが、今は痛くないことが
あたりまえになりました!」

とおっしゃってくださいました。

もともとは
「腰痛」があってあたりまえだけど
疲れがたまって痛みがひどくなってから
みて下さいというのがパターンでした。

 

仕事でいつも座ったままで
パソコンと睨めっこ!
となると、どうしても腰や肩に
痛みが出やすくなってきます。

でも、だからひどくなるまで
そのままでいいわけではありません。

東洋医学では痛みの症状の原因を

「不通則痛、不栄則痛」といって

気血の流れが滞り、筋肉や器官に
必要となる栄養が巡らないことで
痛みが生じてしまうと、考えます。

こうした状態を少しでも
改善するためにできることは…。

 

毎日、身体を軽く動かすこと。

 

例えばウォーキングをしたり、
ストレッチをしたりと。

もちろん、セルフでお灸を
するのもいいかと思います。

流れが滞って固まることを
予防するよう心掛けて下さい。

 

そして、ひどくなったから
鍼灸院へ行くのではなく、
定期的にメンテナンスとして
施術を受けることをおすすめしています。

何か気になることがあれば
早めに治療にいらしてください!!