短い梅雨が明け、急な暑さに
台風の接近なども加わって
熱中症の一歩手前の方
腰痛、偏頭痛、不眠症気味、
いわゆる四十肩といった
症状が増えています。

さらに身体的だけでなく
気分が塞ぎ込んでしまい
仕事や日常生活が億劫になり
気が滅入っているような方も
見受けるようになりました。

先日も妊活と不妊治療中に方が
なんとなく気分が落ち込んだり
やる気が起きないなどの
気鬱症状を感じている方が
施術へと見えられましたが…。

かなりお辛い様子だったので
ご本人に了承を得た上で
東洋医学に基づく観点から
いつもよりも強めの鍼で
気の滞りを流す処置をしました。

治療を行ったその日の夜は
久々に深く眠ることができて
気鬱症状はかなり軽減したとの
ご報告をいただきました。

仕事面の無理や疲労
季節の急激な変化
日々の閉塞感が重なって
身体だけでなくメンタル面にも
影響が及ぶことがあります。

またよく寝違いによる
首や肩の痛みは
寝相や睡眠時の姿勢などの
不具合が理由だと思われがちです。

ですが、実際は過労や
精神面での疲労の蓄積が
背景にあることもあり
無理をせずにゆっくりと
心身を労わる時間を
設ける必要があります。

こうしたメンタル面の不調は
自覚症状が少ないこともあるので
適度な運動と十分な休息
気分転換を図ることを
忘れないように心がけましょう。

表に現れにくい隠れ不調には
くれぐれも注意が必要です。
普段から無理が効いてしまう
そんな人ほど注意が必要なので
そうした方が自分の周囲に
いらっしゃるという方は
特に気をつけてあげてください。